はじめての方へ

残念ながら三丹塾は明日の臨床ですぐに使えるような知識を学ぶ場ではありません。

 

治療家としての大切な土台である、感覚や感性を研ぎ澄ませて行く訓練の場です。

 

『人の全身を診る』

 

最初は、歪みや角度、足の長さの違いなどから入り

次第に筋肉の緊張、動きの悪さ

それを続けていくと、

「あれなんとなくこのへんが苦しそう」

「右足のほうが元気がないような・・・」

というふうに、部分的な違和感を感じれるようになってきます。

 

診ただけでは感じれないような場所でも

 

手をかざしてみると、

「あれ他と比べると熱いような」

「なんかピリピリ電気みたいなのを感じる」

「ここだけ冷たい感じ」

と手のひらでは感じやすい傾向があります。

 

セミナーでは、福嶋先生が

「ここは流れが悪い」

「このへんが詰まってる」

「○○○な感じするのわかるかな?」

と優しくヒントを出してナビゲートしてくれます。


その他、

中医学や長野式を用いることで

人の身体を多角的に診ることもしています。

     

参加方法は以下の4パターンです


①毎回参加ー第二日曜、第四水曜


②日曜日昼セミナーのみ参加


③水曜夜セミナーのみ参加


④行ける時のみ参加表明


どのパターンでもご参加頂けますので

気楽にお申込み下さい。